年代で考える結婚の意義。

福岡の結婚相談所SPRINGの谷です

今日は、年代で考える結婚の意義について考えたいと思います。

結婚の意義を考えた時大きく分けれ2つ
「子を授かる事」と、「助け合いわかちあう事」にあると思います。

面談の時など結婚したい理由をお伺いすると
「自分の子供が欲しいから」とお答えになる方が結構多いのですね!
子を授かり子を育てるという事は確かに意義深いことだと思います。



しかし、子供を持つという事は、それなりに責任を伴います
50歳を過ぎて子を授かるとなれば、子供が成人の時は定年後の70歳・・。
子育ての一番お金が必要になる、高校・大学の期間を定年後に迎えるというのは
よほど資産がないと、結婚を希望するお相手も見つかりません。
また最近の研究で加齢により女性の卵子の数が現象するのと同様に、
男性の精子の状態も(運動率低下・奇形率上昇・個体数の減少)良くない状況になるそうで
不妊の一因と考えられています。

このように、何歳からと明確に区切りがあるわけではないのですが
ある年代になると、子供を授かるといった意義が必ずしもはたせなくなり
「助け合い、分ち合う」と言う部分が非常に重要な要素になってきます。

年齢が高くなれば、運動能力、思考能力、外見的な魅力など
全ての面において、低下してゆきます、
癌・脳梗塞・心筋梗塞など年齢が高くなればなるほど発症率も上がります、
お互いに助け合う必要性が増して行きますね!



そして、両親兄弟、幼馴染や同級生といった人生の喜びを
わかちあえる人たちは、他界したり、遠方に引っ越したりと次第に減ってゆきます
同じ釜の飯を食うとか、苦楽を供にした戦友(仕事仲間)など
気心のしれた新しい友人は獲得しにくくなりますね・・・。
喜びや、悲しみをわかちあえると言うことは
本当に重要な事で、こちらも年齢が高くなればますます必要になります。

ですので、私が思いますのは
40台の半ば位からは結婚の主眼を子を授かる事と言うよりはむしろ
後半の人生を「助け合い、分ち合う」事の意義のために
結婚相手を探されてはいかがかなと思うしだいです。



———————————————-
(福岡博多・糸島市) 結婚相談所SPRINGの
無料相談はこちらをタップ(システム等の説明をいたします。)
では、お待ちしております~!

博多地区面談場所のご案内↓↓↓
https://myspring.jp/info/33/

糸島地区面談場所のご案内↓↓↓
https://myspring.jp/info/20/

コネクトシップのご紹介↓↓↓
https://myspring.jp/info/24/