福岡婚活・神々の宿るこの国でご縁を授かる。

皆さんこんにちは。 福岡博多・糸島の結婚相談所スプリングの谷です。
新天皇が皇位継承に伴う一世一代の重要な宮中祭祀である、大嘗祭。
今月14日の夜からその中の中心的な儀式となる「大嘗宮の儀」が執り行われましたが、
これまでの行事と違い、メディアを含め国民がその様子を見ることのできない儀式でした。
大嘗祭が行われる大嘗宮はこの儀式の度に設営され、終わると
取り壊されるというから驚きです。

大嘗宮の儀では、天皇陛下が大嘗宮内の悠紀殿にて神々へ奉納し、
令和の時代の五穀豊穣と国民の安寧を願われたということです。
天皇が祈りを捧げるのは、天照大御神を中心とした神道の八百万の神々です。
八百万の神はキリストなどの唯一神とは違い、とにかく数が多いわけですが、
それは私達日本人が古来から特定の誰かではなく、自然をはじめとした森羅万象に対して
高い神秘性を感じてきたからでしょう。

日本人は信仰を聞かれて無宗教と答える人が多いといいますが、それでも多くの方が
お正月には初詣に行ったり鏡餅を飾ったりすると思います。
他にも節分やひな祭りなど、一年の間には私達が子供の頃から親しんだたくさんの
神道由来の行事が存在します。
神道は今でも私達が日本人であることのアイデンティティを形成し、
精神的な母体となっているのですね~。

世界を見渡せば、信仰心が争いの種となっていることも多いですが、私が思うには
日本では国民レベルで考えた場合、いい意味での「ゆるい」信仰心が私達の心を
豊かにしてくれていると感じます。

ところで10月のことを旧暦で「神無月」といいますが、これはつまり10月には
全国から神様がいなくなることを意味しています。
その神様達がどこへ向かうのかというと、島根県の出雲です。
そのため島根県では10月のことを「神在月」と呼ぶそうですが、この間八百万の神様達は
出雲に集まって何をお話ししているのかというと、実は人間達の「ご縁」についてなのだそうです。
でも具体的に八百万の神とはどんな姿なのでしょう?

八百万の神と聞いて私達が最もイメージしやすいのは七福神ではないでしょうか。
ご実家に大黒様や布袋様の像があるという方もいらっしゃると思いますが、
七福神は元々ヒンドゥー教の神様と神道の神様が混ざっています。
それ以外の神様を具体的に思い浮かべるのは難しいですが、ジブリの「千と千尋の神隠し」には、
宮崎駿監督の抜群の想像力でバラエティ豊かな八百万の神々が描かれています。

実際に映画に出てきたようなあの神様達が恋愛会議をしていると思うと、なんとも愉快ですよね。
だから今でも出雲大社は全国の縁結びのご利益がある神社の総本山となっています。
神社で恋人とのご縁や試験の合格を願う、それだけでも私達が神道とその神々に対して
信仰心のある証です。
苦しい時の神頼みといいますが、それは私達が何か目標を達成する上での
モチベーションアップに繋がります。
ご縁をお求めの方は、今度改めて神社で神様にじっくりとお願いしてみてはいかがでしょうか?
大事なのは、それから自分がそのご利益を得るに相応しくなるよう
行動を変えていくことではないでしょうか?、あなたに素敵なご縁がありますように。

スプリングは博多だけでなく、糸島にも面談場所がありますので
きがるに面談をお申込み下さい、お待ちして落ちます。
———————————————-
(福岡博多・糸島市) 結婚相談所SPRINGの
無料相談はこちらをタップ(システム等の説明をいたします。)
では、お待ちしております~!

博多地区面談場所のご案内↓↓↓
https://myspring.jp/info/33/

糸島地区面談場所のご案内↓↓↓
https://myspring.jp/info/20/

コネクトシップのご紹介↓↓↓
https://myspring.jp/info/24/