こんにちは。
福岡の結婚相談所SPRING の谷です。

本格的な夏の到来を前に、暑くなったり寒くなったりする この頃ですが、皆さん体調はお変わりなくお過ごしでしょうか?

激しい気温の変化に身体が付いていけず風邪を引いてしまったり、雨の日が続いて気分が憂鬱になることもあるかもしれません。
心や体の疲れは婚活にも支障をきたしかねません。

この時期をうまく乗り切って夏へ向けて心身のコンディションを整えて行きましょう。
さて、男性の皆さん、プロポーズについて真剣に考えているでしょうか?

男性脳と女性脳の性質の違いから来るものなのだと思うのですが、男性にとても多い傾向で課題になることがあります。
それは「明確な「言葉」で気持ちを伝えるのが恥ずかしい」という事です。
確かに言葉に出来ない、形容できない、伝わらないという事もありますし言葉がなくとも伝わるものと言う事もあります。
恥ずかしくもあるでしょう!
が、しかしです!

本当に不思議と言うか、勘違いはなはだしいと言うか・・・
何も言葉で伝えていないのに、女性が毎回会つてくれていると言う事で勘違いして、
「自分と同じ気持ちだ」
「結婚する気持ちがあるんだ!」
「僕の気持ちも解ってるだろう~♪」
と思ってしまっているのです。

解剖学の先生達の話によると、女性の脳は男性の脳と形状からして違っているらしいのです。
実際に人間の脳を解剖すると、脳梁と言う部位の大きさが違うと言う説もあります。
女性の脳は男性とちがって言葉が必要!そんなふうに出来ているようです。

「貴方の事、好きだよ」とか「結婚をしたいと思ってる」と言う言葉を毎回のデートごとに上手に言葉に出来ているかは本当に重要な事になります。
また、そう言った言葉を告げることは、お相手女性に対しての優しさですね!
その言葉で、お相手の気持ちもさらに高まってゆきます。
その段階があつて、「私と結婚して下さい!」のプロポーズへと繋がって行きます。

プロポーズとは、お互いの意思を確認し合う重要な場面です。
男性としては、自分の雰囲気や態度から察して欲しいと思っているわけですが、女性は男性のそんな曖昧な態度に苛立ってしまうこともあります。
男性は、当然結婚してくれるものだと思っているのに
女性は、「私との結婚、結局どうなのよ!?」っと・・・<イライラ(怒)>。

女性としては、いや、女性脳としてはやはり男性から明確にはっきりした態度でプロポーズの言葉を聞きたいのです。
言葉にしないために、こうした思い込みから、男女の感情のすれ違いがおこり、時には喧嘩にも発展し成婚まで道のりで最終段階まで来ているのに破談になったりします。
ですので、気持を言葉にして伝えると言う事が大切ですね。

相談所を利用されている場合はプロポーズの前に、先方相談所をつうじでプロポーズを受ける意思があるか、ある程度ですが伺うことも出来ますから、気軽に婚活アドバイザーにご相談下さいね!