婚活アドバイス&ブログ

  1. HOME
  2. ブログ
  3. カウンセラー
  4. 博多婚活・磯野家の人々に学ぶ理想の家庭像。

博多婚活・磯野家の人々に学ぶ理想の家庭像。

博多婚活・磯野家の人々に学ぶ理想の家庭像。

皆さんこんにちは。 福岡博多・糸島の結婚相談所スプリングの谷です。
昨年11月末に、あの国民的アニメ『サザエさん』の放送開始50周年ということで、
フジテレビでアニメのサザエさん一家の20年後を描くドラマ『磯野家の人々』が放送されました。
天海祐希演じるサザエさん一家では、小学生だったカツオやワカメは独立し、タラちゃんは就活中
。マスオさんは部下と上司に板挟みのサラリーマンで、波平は定年退職し、船、猫のタマと仲良く
暮らしています。
そしてアニメには登場していない幻のキャラクター、タラちゃんの妹、
ヒトデが女子高生として登場します。
サザエさんは相変わらず元気でご近所付き合いも活発。

しかしカツオは流行らない洋食屋の経営に苦心しており、ワカメは
ファッションデザイナーとしてのキャリアと結婚との間に揺れ、
タラちゃんは自分が何をしたいのかわからぬまま、就活を続ける日々に疲れています。
また、マスオさんも理不尽な部下と上司との間での仕事に疲れており、
ヒトデは母の作るキャラ弁に辟易としています。

ある夏の日、町内に祭りがあるため一家は久しぶりに全員が家に集まりますが、
夕飯の席では一家団欒とはいかず、それぞれの悩みや主張が交錯する中、サザエさんは言います。
「カツオとワカメは仕事をやめない。タラちゃんは就活をやめなさい。
とりあえずやめてやりたいことを見つければいいじゃない!」

そしてカツオやワカメ、タラちゃんは本当に自分がやりたいことに向き合い、
カツオはレストランを続け、ワカメは結婚よりキャリアを選び、
タラちゃんは自分探しの旅へ出かけと、それぞれ人生の再出発を果たすことになります。
そしてそんな彼らを見たマスオさんも仕事への活力を取り戻し、
ヒトデは母の想いが詰まったキャラ弁を受け入れるようになります。

2時間の実写版ドラマということで、豪華俳優陣がアニメとは全く違う、
20年後の今を生きる磯野家を見せてくれましたが、皆さんはどうご覧になったでしょうか。
磯野家という昭和的な三世帯大家族も、時代の流れと共に私達と同じような悩みを抱え、
生きる道を模索していたわけですが、やはりサザエさんのような女性は強いですね。
登場人物中で、一番アニメ版の性格を残していたのは、
明るく大らかなサザエさんだったようです。

またアニメと同じくちょっと気弱なものの、優しい夫であり父でもあるマスオさんですが、
こういうマスオさんタイプの男性に憧れる女性も多いのではないでしょうか。
今の世の中、なかなかあれだけの大家族は減って来ているとは思いますが、
はやり何でも言い合えて助け合える家族の形って素晴らしいと思いますし、
私達が失いつつある地域との繋がりなどについても考えさせられましたね。
核家族化が進み共働きが一般的になった現代ですが、サザエさんの示す家族や地域との絆は、
これからも一つの理想の家族像であり続けるように思います。

スプリングは博多だけでなく、糸島にも面談場所がありますので
きがるに面談をお申込み下さい、お待ちして落ちます。
———————————————-
(福岡博多・糸島市) 結婚相談所SPRINGの
無料相談はこちらをタップ(システム等の説明をいたします。)
では、お待ちしております~!

博多地区面談場所のご案内↓↓↓
https://myspring.jp/info/33/

糸島地区面談場所のご案内↓↓↓
https://myspring.jp/info/20/

コネクトシップのご紹介↓↓↓
https://myspring.jp/info/24/