新年を迎えると30代

新年を迎えると大台の30代を迎えます。
友人達は早くに結婚をして子育てに追われています。
そんな友人達は私に「独身貴族が羨ましい」といいますが、子育てに追われる友人を見ていると羨ましく思えてきます。
子供の幼稚園や小学校の保護者会でも子供にとって若いママは、自慢でもあります。
色々悩みましたが友人の勧めもあって、私は地元福岡で結婚相談所に入会し、結婚相手を見付ける決心をしたのです。

お見合いの申込み

結婚相談所に入会をして会員のデーターベースで男性を検索しました。
どの男性も真面目そうな方ばかりです。
職業や趣味・年齢を確かめ色々考えているうちに結婚相談所からお見合いの申込みの知らせを受けました。
私にお見合いを申し込んでくれた方は、38歳の男性で福岡の金融機関に勤める方でした。
年齢も趣味も私に合うような気がして、真面目そうなこの男性からのお見合いを承諾しました。

初めてのお見合い

初めてのお見合いを申し込まれ、嬉しい気持ちになってきていました。
しかし、初めてのお見合いで何を着て行けばいいのか迷ってしまいました。
私は結婚相談所の仲人さんにどんな服装で行けばよいか相談をし、お見合い場所に出掛けました。
「お見合い」というと「和服でお淑やかに」などのイメージがありますが、それも仰々しいので仲人さんに勧められた淡いピンクのワンピースで出掛けました。
待ち合わせ場所のホテルロビーには、お見合い相手の男性が既に到着されていました。
私を見てその男性は「ピンクのワンピースがよくお似合いですね。」と褒めてくださいました。
優しい男性の気遣いや仲人さんのお力もあり、私は初めてお見合いをしたこの男性とお付き合いをしてみることに決めました。
現在、この男性と結婚に向けて話を進めています。
結婚相談所へ入会をしたタイミングもよかったのかも知れませんが、こんなに早く結婚相手が見付かるとも思っていませんでした。
今では結婚相談所に入会をして心からよかったと思っています。