地元で結婚相手探し

高校を卒業してしばらく本州で働いてきましたが、親の希望で久しぶりに福岡に戻ってきました。
数年した後、仕事も落ち着きそろそろ良い年なので、結婚をして家庭を築こうと思うようになりました。
しかし結婚したくても残念ながら恋人はいないので、そのときはやっている婚活をしようと思い立ったのでした。
同じ地元の男性が良いと思って、最近結婚をした友人たちに合コンのセッティングをお願いしたのですが、友人たちの旦那さんは福岡の人ではないことと、本気で結婚を考えているのなら、合コンや街コンといった気軽な婚活ではなく、きちんとした結婚紹介所で活動をした方が良いのでは、とアドバイスをされました。

それもそうかと思い、会社の同僚が入っていたという結婚紹介所に入ることに決めました。
入る時には、独身証明という初めて聞いた身分証が必要だったのでびっくりしましたが、その分、既婚者に騙されることもなく安心だと思いました。

カウンセリングはとても大切

結婚相談所では、カウンセリングがまずおこなわれて、お相手に対する希望する条件を細かく聞かれました。
あいまいな希望しかもっていないので困りましたが、漠然と良い人いないかな、という気持ちでは決まりづらい、職業や年収や家族構成、結婚歴の有無、子どもの希望などきちんと決めておいた方が成婚しやすいとのことでした。
確かに漠然と結婚したいという想いはありましたが、そこまで考えていなかったし、結局は婚活しながらそういったことを考えるようになるなら、最初からしっかりと自分の理想を理解しておいた方が良いと思うようになりました。
そして、そのあと緊張したのが写真撮影です。
提携をしているスタジオでお見合いの写真を撮ったのですが、普段とは違うワードローブでヘアメイクもばっちりしてもらって、ちょっと照れてしまいました。
写真の出来でお申し込みが来るかどうか決まるそうなので、とても緊張するスタートとなりました。