バツイチでも希望を持てる

私はバツイチで、再婚相手を探していました。
一般的な婚活サイトではバツイチはとにかく不利で、まず会える可能性はありませんした。
結婚相談所では専門のアドバイザーの人がいて、こまめに相談をすることで、良さそうな人が新規登録をすると連絡をくれます。
結婚相談所が婚活サイトと違うのは、登録している男性の中に離婚や死別を経験している人がおおい、という点です。
年齢層も高く、しかも男性は会社役員や起業家など、レベルの高い人が殆どでした。
アドバイザーのサポートもしっかりとしていて、小さなことでも必ず連絡をくれました。
私が不在の時には時間を決めて、きっちりとその時間に連絡をくれるので信頼できました。
お見合いの結果お断りをする時も気持ち良く「気にしないで下さい」と言ってくれて安心しました。

お見合いの当日は緊張すること

結婚相談所を通してお見合いをする時にはかなり緊張しました。
私はバツイチでしたので、婚活サイトでお互いの相性を確かめるだけではなく、しっかりと人となりを見られていることが分かったからです。
お相手の男性の社会的ステイタスが高いほど、パートナーとして内助の功ができる女性を探しています。
ただ明るいだけでは不十分で、これから夫を支えていくだけの力量や、知性も求められるからです。
とても緊張したのですが、アドバイザーの方が「自然体で大丈夫ですよ、あなたのプロフィールは全部伝えてありますから」と言ってくれました。
当時、とても安心したことを覚えています。
何かあってもアドバイザーがいるという点では、単純な婚活サイトよりも助かりました。