お見合い時の服装

服装にはとても迷いました。
セオリーでは男性受けのよいパステルカラーのカーディガンとパステルカラーのスカートが定番とありますが、自分でお店で合わせてみたら太ってみえて逆効果。
あのような色の服は膨張カラーなのですね。
やせていてスタイルの良い女性でないと無理なことがわかりました。
白も同様。
着てみたらむっちむちでとても着こなせませんでした。
そう思ってやはり手にとったのは黒、紺の二色です。
グレーを選ばなかったのは色味がもともと合わず暗い印象でしたので・・・
黒はお葬式の色だと思い、紺にしました。
紺の上下です。
紺のカーディガンに紺の腰をきゅっと締まったような(見える)ものです。
友人からは好評でしたのでお見合い用に購入しました。
終わっても仕事着としても着られるので(終わった前提として話は進んでいますが)
そんなこんな、服装の段階でお見合いパーティーどころかかなりの労力と時間を要してしまいました。

パーティー前に思ったこと

緊張してお見合いの時間15分前には着くようにしました。混んでいるようなら良い席が取れないんじゃないかと思ったからというのもあります。
着いたら数人の男性が既に座っていました。
私はどこに座って良いのかわからず、立ち止まってしまいました。
一時すると結婚相談所のスタッフの方が座り方を教えてくださいました。
男性の方にぜひお願いしたいのは女性が困っていたら優しく教えて下さると非常に助かりますし、女性としてはかなりの好印象となるかと思います。
先に来られているので座り方はわかっていたはずですが、残念ながら誰一人として私に話変えてはくれませんでした。
私の年齢や外見からしてあまり興味をもたれていない可能性もあったことは否定できませんが、心遣い、気遣いは古いかもしれませんがやはりいつの時代でも心を繋ぐきっかけだと思います。 そんなこんなで私はパーティーでどんな人と出逢ったというよりも、最初の前段階で色々と悩んだり嫌に思った思い出が今でも残ってしまっています。