自分の尻を叩くために

同年代の友人たちの約半分が、30歳代半ばになるまでに結婚しました。
残る半分にも、結婚まで秒読みという彼氏がいます。
でも私には、彼氏どころか気になる男性もいません。
アラフォーが近づいてきて、私はさすがに焦ってきました。
そこで婚活を始めるために、地元福岡では結構知られている結婚相談所に入会しました。
最初は無料の婚活サイトを利用しようかと思ったのですが、無料だと今一つ本気になれそうにありませんでした。
そこで自分の尻を叩くためにも、入会金と月額利用料金との支払いが必要な結婚相談所を利用することにしたのです。
お金を支払う以上、損はしたくないので、集中して婚活できると思ったのです。

焦っている者同士

結婚相談所では、条件から様々な異性を検索することができました。
私はその中で、年齢や学歴が自分とほぼ同じという男性を選びました。
そして結婚相談所でお見合いをセッティングしてもらい、会ってみることにしました。
実際に会って話をしてみると、なんとその男性も、私と同じように周囲が結婚したため焦って結婚相談所に入会したとのことでした。
そのため意気投合し、焦りや将来の不安などについて語り合いました。
しかもお互いに売れ残りのような状態だっただけあり、それまでの生活パターンや、おしゃれにはあまり興味がない点なども共通していました。
気が合ったので、今後も会って話をしようということになりました。
この出会いから結婚に発展するかどうかわかりませんが、ここまで似た立場の人に出会えたのは、結婚相談所のおかげだと思っています。”