テスト

成婚料とは

ここでは結婚相談所を探すときに必ず1度は耳にする「成婚料」について解説します。

成婚料とはなにか?

読んで字の通り。かもしれませんが、結婚相談所や異性紹介サービスを通じて異性の方と知り合い、成婚した際に支払う料金です。

金額は各結婚相談所や異性紹介サービスによってまちまちです。50,000円のところもあれば100,000円のところもあり、一般的な結婚相談所であれば相場は100,000円~300,000円の間くらいです。 異性紹介サービスなんかですと、0円(無料)といったところもありますね。これはもともと異性紹介サービスなら成婚料をほとんど求めていませんので、結婚相談所に対抗してうたっているようなものかと思われます。

結婚相談所と異性紹介サービスの違いについては後述しますね。 さて、当然ながら成婚料は入会時の契約書に明記されているため、成婚したら支払わなければなりません。結婚相談所では通常、入会金やお見合い料がかかったりしますが、その大半は婚活をする方本人の活動準備にあたる費用がほとんどです。

成婚料とは結婚相談所にとって収入の基本となるところです。当然ながら収入の基本となるため婚活当事者が成婚するように一生懸命アドバイスをしたりするわけです。

簡単にいうと成果報酬というわけですね。異性紹介サービスはどちらかというと入会金やお見合い費用などを主に収入の基本としているため、成婚料が安かったり0円だったりします。というわけで気になる結婚相談所と異性紹介サービスのお話しを。

結婚相談所と異性紹介サービスとの違い

この2つを同一視している方が多いです。当然です。業界人やそれなりに入会を検討して調べた方しかわかりません。 どちらも現代のサービスからいうと表面的には同じように見えます。 システムを使ってお見合いの申し込みもしくはメッセージのやり取りを通じて男女が出会う。 という部分に変わりはありません。要はサポートがあるかないかが重要なポイントです。

もの凄く分かりやすくいうと、異性紹介サービスは入会してもらうところに一番力を注ぎます。あとはご自由に。というスタンス。 結婚相談所はもちろん入会にも力を注ぎますが、婚活当事者が成婚してくれないと収益にならないので頑張ります。一生懸命サポートします。たまには苦言も呈します。

異性紹介サービスはさらに様々です。独身証明書の取得を義務付けしているところとそうでないところ。 女性にとって注意が必要なのは、入会費や月会費がとても安い。サービスによっては女性無料というところもありますが、これは男性が入会するときに独身の証明が取れていないところがあるということ。

サービスを通じて出会った男性が既婚者だった。というような相談をたまに受けますが、このようなケースは往々にして無料型の異性紹介サービスです。 「結婚相談所」とうたっているところはきちんと独身証明書(本籍地のある役所で発行して頂ける公的な書類です)の提出を義務付けているので、そういった面では安心です。ただ、費用は当然ながら異性紹介サービスより高くなります。

成婚の定義

さて、成婚料を知るうえでもう一つ知っておいてもらいたいのが「成婚の定義」です。
「結婚式の日取りが決まったら成婚?いや、入籍したら成婚ですね?」とよく言われます。

違います

大手連盟加盟の結婚相談所では概ね3ヵ月で結婚するかしないかを決めなければならない。というルールがあります。 ですので、お見合いで知り合い、3ヵ月目までにお互いに結婚をするという合意が出来た時点で成婚となります。

結婚式の日取りが決まったタイミングでもなく、入籍するタイミングでもありません。 下記の成婚の定義に該当した時点で「成婚」とみなされ、成婚料が発生します。 この点は知らない方が多いので注意が必要です。

「成婚の定義」
  • 結婚の口約束
  • 宿泊を伴う旅行を一緒にしたとき
  • 婚前交渉(男女の関係を持ったとき)
  • 同棲

これら、ほぼ全ての結婚相談所に共通している項目かと思いますが、加盟している連盟のシステムやそれぞれの相談所によって若干異なるところもありますので、注意しましょう。

3ヶ月という期間は早すぎる?

たった3ヵ月の交際で結婚するかしないかを決めないといけない。いわゆる3ヵ月ルール。これって早すぎでしょ?とよく言われます。特に男性からが多いですね。

確かに早いように思えますが、実は数多くの成婚してきたカップルやそうでないカップルを見てきた経験からすると、ちょうど良いのです。 男性も女性も結婚を視野に入会して来ています。3ヵ月もお付き合いすれば結婚を真剣に考えられる相手か否かは、ある程度判断が着きます。

あとは細かい部分。ただ、あまり細かい部分まで確認していると「〇〇な性格がダメでした」「××な癖が気になります」などが出てきます。 男性も女性も人間です。パーフェクトな相手を探していたら年月だけが過ぎてしまいます。細かいところを言い出すときりがありません。

お互いに折り合いをつけてゆくのが夫婦です。
夫婦というのはお互い助け合って、譲り合って、協力し合って生きていくものです。細かい部分は夫婦になってお互いで乗り越えていくべき部分なのです。 この3ヵ月というタイミングを逃すと意外に結婚できないカップルがほとんどなのです。

成婚料の成り立ち

最後に余談です。「おせっかいおばちゃん」という言葉くらいは聞いたことがある人が多いと思います。近所の未婚男女の写真などを常に持ち歩き、独身の男女もしくは親御さんにわざわざ「〇〇さんも独身だけど、良かったらどうね?」とおせっかいしながら男女の縁を取り持とうとした人たちです。

当然ながらボランティアというか、おせっかいでやっていたため、おせっかいおばちゃんを通じて結婚した二人、もしくはその親御さんたちは感謝するわけです。「ありがとうございました。これはほんのお礼です。」で始まったのが今の成婚料につながるという噂もあります。 このおせっかいを簡単にいうとビジネス的に開始したのが結婚相談所といったら分かりやすいでしょうか?